主任 原 広介の声

主任 原 広介の声

主任 原 広介の経歴

出身:神奈川県
経歴:株式会社想現グローバル入社(新卒)

仕事中に意識していること

「入社2年目の僕にしか出来ないことは何か」って常に考えながら働いています。
院長や上司に比べて技術や知識も少ない僕が勝負できることは、ズバリ「元気」と「若さ」です(笑)。でもそれって重要だと思うんです。要するに、「一生懸命」になるって事。どう頑張っても経験値は少ないわけですから、何かあれば一番に患者さんに寄り添ってお話を伺ったり、患者さんのどんなに小さな変化でも自分が真っ先に気がついたりと、「先輩たちから指示されより前に、常に自ら考え、率先して行動する」ことを意識しています。アナログな発想ですが、そういった努力を愚直に続けることで、患者さんや同僚・上司からの信頼を積み重ねることが出来ると思っています。

ななみ整骨院の強み

入社してまず感じたことは、患者さんとの距離感。ななみは本当に患者さんとの距離が近い! これは良い意味でビックリしました。単に痛みを治すだけではなく、日頃から患者さんとのコミュニケーションを大切にし、痛みが取れたその先の目標までしっかりと共有する姿勢は、患者さんとしても嬉しいと思うし、スタッフにとっても非常にやり甲斐があります。

あとは何と言っても、トレーナーとして現場で活躍できる場があること。スポーツの国際大会の競技開場で世界のトップアスリートの施術を任されている整骨院は、そうは無いと思いますね。これも、ななみの強みです。

私がななみ整骨院を選んだ理由

僕は元々スポーツトレーナーに興味があって、ななみ整骨院は日本の整骨院で唯一、「WSL(World Surf League)」のオフィシャル・サポーターとしてサーフィンの国際大会の運営に参画をしているのが魅力でした。実際に国内で開催されたWSL認可の国際大会の現場でトップアスリートの施術に携わることができ、メチャメチャ勉強になりました。あとは代表が常々言っている「自社で医療プラットフォームを作りたい」という夢にも共感しています。整骨院とともに整形外科などの医療機関もワンストップで受診できるメディカルステーションの実現に自分も携わってみたいと思ったのが、ななみ整骨院を選んだ理由の一つです。

ななみ整骨院が目指す方向性

とにかく「自己成長を遂げたければ、ななみへ」って言いたいくらい、柔道整復師として・一社会人としての成長を日々実感できる職場です! それなりに大変なこともありますよ。でも、その分、成長のスピード感はどの院にも負けないと思っています。

年間を通して、技術研修や社会人研修、ミドルマネジメント研修など、ななみ整骨院には自分自身を成長させてくれるカリキュラムが充実しているので、常にお腹いっぱいの状態です(笑)。