副院長 小川 祐希の声

副院長 小川 祐希の声

副院長 小川 祐希の経歴

出身:神奈川県
経歴:株式会社想現グローバル入社(新卒)

働く中で意識していること

僕が仕事の中で意識している事は、患者さんが何を求めて、ななみ整骨院にご来院下さっているのかということです。単に“患部の手当てをして終わり”というのであれば、ななみ整骨院を選んでいただいた意味がありません。僕たちは「この患者さんは、痛みが取れたら何をなさりたいのか?」といった、痛みが取れたその先にある“希望”まで考えて治療にあたっています。「ななみに来たから、痛みも取れたし、良いパフォーマンスを発揮できた」などと笑顔でおっしゃっていただけた時は、治療家としてのやりがいを感じる瞬間です! 僕達は患者さんお一人おひとりの夢や目標の実現に向けて、常に患者さんに寄り添って施術することを意識しています。

ななみ整骨院の強み

やはり技術力は最大の強みだと思います。創業者である加藤総院長の患者さんや施術に対する熱い想いが形となって、当院の今日があります。しかし、それに安住することなく、痛みに対する様々なアプローチの仕方や最先端の治療技術を学びながら施術の幅を広げる努力をしています。とにかく小手先の技術ではないってこと。

また、施術以前に患者さんとの信頼関係を構築できなければ、何の意味もありません。些細なことから施術に関することまで、常にコミュニケーションを大切にする姿勢もななみ整骨院の強みだと思います。

私がななみ整骨院を選んだ理由

一番は、未来を見据えて動いている整骨院だと思ったからです。

就職活動で様々な整骨院を見学に行きましたが、ななみは違いました。整骨院と医療機関の垣根を取り払った新しいプラットフォームの創設や、柔整師の就労環境の変革など、代表が描くビジョンを聞いて「自分が成長できるのはここだ!」と確信しました。

実際に見学に訪れた時も、院内に活気があり、どの患者さんも常に笑顔だったのが印象的でした。ただ和気藹々とお話をしながら施術する院とは違い、どのスタッフも患者さんお一人おひとりに医学的知見に裏付けられた説明を尽くし、必要以上の来院や施術を勧めない姿勢に感銘を受けました。それと、自分は湘南の雰囲気を好きだったこともあり、まさに希望していた整骨院を見つけた思いでした!

加えて、仕事以外にも色んな社内行事がある事です。患者さんにご参加いただくものもあれば、社員で実施する研修旅行やBBQ、スタッフの誕生日会など充実しています。自分としては、とても良い環境だと思い、就職を決めました。

ななみ整骨院が目指す方向性

「患者様の痛みを取ることを諦めない」。まさに、ななみ整骨院の治療理念だと思います。「痛みが取れない・治らない」と思って来院される方も多く、そういった患者様お一人おひとりに僕達は寄り添います。そうでない整骨院は選ばれないと思います。

昨今はサーフィンの国際大会にオフィシャル・サポーターとして参画するなど、活動範囲を院外にも広げてきています。本鵠沼院は学生の患者様も多いので、クラブ活動などにもトレーナーとして携われる院を目指したいです。

あとは「仕事も遊びも全力で」。ななみはオンとオフがはっきりしています。仕事の時は全身全霊で患者様と向き合い、痛みをとる。遊びの時は皆で企画を立て準備をして、思いっきり楽しみます。ただ、このところ、自身の中で楽しさや喜びの質が変わってきています。一人では思いつきもしなかったことを悟ったり成し遂げたりして、組織や社会の役に立てたとき、深く満たされている自分を感じることが増えてきました。いずれは湘南・藤沢という地域や、柔整師業界を巻き込んだムーブメントを起こせる企画にも関わってみたいと思い始めています。